PC向けに制作された既存のサイトを、
スマートフォン向けに最適化

BtoCサービスの企業さまは、
スマートフォン対応はマストです。

爆発的に伸びるスマートフォンユーザー。ますますホームページのスマートフォン化が求められております。
若い年齢のユーザーに留まらず、40代~60代のユーザーにも浸透してきております。
一般ユーザーが、電車に乗っているときやちょっとした時間の隙間時間は、ほぼスマートフォンでサイトを閲覧しております。

スマートフォンサイトを見ていて、内容を把握した後、後ほどPCサイトでも見るということもしますので、スマートフォンサイトがあることは、ユーザーの機会損失を減らし、PCサイトの回遊性を上げることにつながります。

BtoCサイト、BtoC向けサービスを実施している企業様、店舗様はスマートフォン化を強くお薦めします。BtoBサイトでも、スマートフォン化していたほうが良いのですが、BtoCのサービスを展開している企業様は特にお薦めします。

理由は、閲覧してすぐに、スマートフォン上でアクション(申し込み、予約、購入)ができるためです。なかなか、PCサイトの場合ですと、小さくてアクションがしにくいのですが、スマホ対応しておりますと安心です。

美容室、美容院、飲食店を始めとする店舗様、ECサイト運営の企業様、宿泊施設の旅館運営者様、その他、諸々の企業様、スマートフォン対応をお薦め致します。

上記のような弱点を全てカバーすることができるのが、スマートフォン向けに最適化されたサイトです。

  • ・文字を大きくすることで読みやすく、スマホユーザーに親切なデザインに。
  • ・使用画像のデータを軽いものにし、数も絞り込むなど、通信回線の状況に左右されやすい。
    スマートフォンでもなるべくスムーズな表示が可能となるように考慮したサイト作成ができる。
  • ・サイト全体のレイアウトや、構成をよりシンプルなものにブラッシュアップ。
    スマホユーザー向けの導線より明確にすることによって、ユーザーが欲しい情報にたどり着きやすくします。
  • ・タップ操作に向けた大き目のボタンデザインなど、ユーザーにストレスフリーな操作性を提供。より多くのユーザーにとって、操作性の面で満足度の高いシステムを実現することが可能。

スマートフォン向けのサイトが存在しないと、閲覧のしやすさ、快適な表示速度、情報の探しやすさ、操作のしやすさ、すべての面において訪問したユーザーがストレスを感じる可能性があります。そんなストレスフルな状況におかれているユーザーが、サイトに対し高い満足度を感じることはありません。

スマホ対応していないというだけでサイトから離脱してしまうユーザーも存在していますので、スマートフォンサイトを用意しておくことによって、ビジネスチャンスも逃しません。


スマートフォンに最適化されたデザイン

  • ・ボタン/リンクを大きくすることで、操作性向上
  • ・画像ファイルサイズの圧縮、数の絞り込みで低速回線の場合にも表示速度をアップ
  • ・画面方向(縦・横)や、解像度など条件が変化した際にも表示崩れが起こらないサイトに

既存のPCサイトをスマートフォン化させていただく場合には、PCサイトのデザインと統一感のあるデザインで制作させていただきます。(異なるデザインでの制作を希望される場合、対応も可能です)

パソコン向けのサイトの場合には画像化していたボタンやメニューなどについては、スマホ化の際にCSS3でデザインをおこなうことによって、データ量を低減させることができます。データ量を減らすとともに、スマートフォンにおける閲覧の利便性や操作性も同時に向上させることが可能です。

デザインの横幅を固定して作られることが多いパソコン向けのサイトとは違い、スマートフォン向けのサイトにおいては、スクリーンの解像度・横幅などさまざまな条件の機種に合わせた表示が必要となります。
横幅を可変にすることによって、異なる機種での表示にもフレキシブルな表示対応が可能となります。


情報の絞り込みで、スマートフォン閲覧に向いたサイトに

  • ・サイトの構造をより単純なものとすることで、閲覧するユーザーが欲している情報へと辿りつくための最短導線を確保

PC向けサイトにおいては、より沢山の情報を提供することが重要視されていますが、スマートフォンに向けたサイト制作の場合、情報を絞り込むことが重要です。

深い階層構造で作られていたサイトの場合も、スマホ版では2階層程度が望ましいとされています。
PCサイトへのリンク設置など情報の補完はおこないながら、絞り込んだ必要最低限の情報を操作・閲覧におけるストレスを感じさせずに、ユーザーに情報提示をすることが大切になります。


スマートフォンに対応したコーディング

  • ・css3でデザインをおこなうことで、画像の使用量を抑えながら、美しいデザインが可能に
  • ・データ量を低減させる、低速回線のスマートフォンユーザーも意識したサイト作り

HTML4やCSS2といった言語で、多くのPC向けサイトは制作されています。スマートフォンにおいてはHTML5やCSS3という最新のコードにほとんどの機種が対応していることもあり、従来のコードでは画像無しでは実現が難しかったデザインもコードの組み合わせによって表示できるようになっています。

コーディングからスマートフォン向けに対応させることで、ユーザーに快適な閲覧環境を提供できるようになります。


スマートフォン対応サイトを
作成するメリット

一般ユーザーによるスマートフォンからのサイト閲覧は、その普及とともに増加。調査会社によるリサーチでは、ショッピングサイトへのアクセスは、PCでのアクセスと回答した人を、スマートフォンによるアクセスと回答した人が上回ったというデータもあります。

特に若年層においてはその傾向が顕著な状況であり、より多くのユーザーを獲得するためにはスマートフォンサイトの作成が避けては通れない状況となりはじめています。
40代以上の年代でもスマートフォンからのサイト閲覧は増加傾向にありますので、どの世代においてもスマートフォンサイトによる集客や、スマートフォン向けのプロモーションというものがとても重要になりはじめているのです。


お問合せ

トレーディングデスクお問合せ

スマホプロモーションを最大限に伸ばすプロのチカラ
それが、スマプロ

上に戻る