制作の必須項目

多種多様な機種・端末に対応する

AppleのiOSの場合、iPhoneやiPadの新たな端末がリリースされる毎に表示対応をすることによって対応が可能となります。
一方、GoogleのOSであるAndroidの場合各携帯キャリアからリリースされている端末はスクリーンの解像度や、サイズが統一されているわけではありません。仕様が異なる端末が多数存在していますので、それらになるべく柔軟に対応するために、サイトの横幅を可変にするなど表示の最適化を実現することが求められます。

ユーザー導線の簡略・明確化

複雑なサイトの構造だと目的のページにたどり着きにくいのは、PCサイトでももちろんですが、スマートフォンサイトの場合はより導線を単純化することが求められます。
ユーザーを迷子にさせないためにも、ユーザビリティを考慮したサイト構成が必要となります。

情報の簡素化

「少しでも多くの情報をユーザーに届けたい」というのが、メーカーとしての思いかも知れません。
テキスト情報を多く掲載することによってSEO的にも強くなれる部分はありますが、スマートフォンの場合は検索エンジンのアルゴリズムではなくユーザーを第一に考えることが必要となります。
「必要な情報にユーザーがきちんと触れることができるか?」という部分を念頭に、サイト構成なども考えることが重要。PC向けのサイトのコピーをスマートフォン向けに作るのではなく、スマートフォンユーザーにとって閲覧しやすいサイトを意識して、情報を適度に絞り込むことが必要です。

Flashの使用は避ける

日本のスマートフォン市場において大きなシェアを占めているApple社のiOSは、Flashコンテンツの表示ができません。Flashによって、ユーザーの目を引く、見た目に美しいサイトを作ることはできますが、仮にすべてFlashでサイトを作った場合、iOSユーザーを完全に無視することになってしまいます。
AndroidではFlashの表示が可能ですが、多くのユーザーが閲覧できないサイトではスマートフォンサイトとしての意味を成さないので、HTML5などFlashの代用となるコードの活用などを検討することが必要となります。

各種アプリとの連携を強化する

多くのスマートフォンにはGPSが搭載されており、ユーザーの位置情報を利用して地図による誘導なども可能となっています。特に実店舗での営業もおこなっている場合には、ユーザーの来店誘導に活用することでO2Oの顧客誘導もできるようになります。
電話番号が記載されているバナーをタップすることで電話を発信できるようにするなど、工夫によってユーザーを誘導する導線にもなるので、スマートフォンサイトには進んで活用すべき技術だとも言えます。

操作性の違いを意識したサイト作り

パソコンのマウスとタッチパネルの操作性が大きく異なるのは、多くの方が経験していることと思います。さまざまなページへのリンクが貼られたテキスト同士の位置関係が近すぎると、誤ったリンクに触れてしまうといった現象は、ユーザーに対して決して良い印象を与えるものではありません。
使い心地を意識したボタンの作り込みなどをおこなうことによって、操作性まで考慮したサイト作りが多くのスマートフォンユーザーの共感を生むことになります。

PCサイトへのリンクも忘れず

専用サイトを作ったから、別にPCサイトはスマホから見れなくてもいいというわけではありません。スマートフォンからPCサイトを閲覧できないわけではありませんので、スマホ向けに情報の絞り込みなどをおこなった場合には、PCサイトへのリンクも用意しておくことが必要です。
スマートフォン向けのサイトに掲載されている情報以外も知りたいというユーザーの知的欲求を満たすとともに、スマートフォンサイトでは足りない情報の補完的機能も果たしてくれます。

閲覧時の端末方向も意識したサイトを

スマートフォンは、サイト閲覧を縦向きでも横向きでも閲覧することが可能です。端末の向きを変えただけで大きく表示が崩れてしまったり、妙な余白がうまれるようではサイトとしても美しいものではありません。
どちらの向きにも表示対応できるようにしておくことは、スマートフォンサイトデザインにおいて重要なポイントのひとつです。

PC・スマホの管理を統一する

PCとスマートフォンのサイト何らかの更新を行う場合、静的なファイルで作られていると両方のファイルを更新しなければなりません。
ワードプレスをはじめとするCMSによってサイト管理を一つの工程にまとめることによって、更新反映の同時性も確保できますので、サイト構築の際に積極的に活用することをお勧めいたします。

お問合せ・お見積りはこちら!

お問合せ・お見積り