パソコン向けサイトと、
スマホ向けサイトの違いとは?

スマートフォン端末とパソコンに共通している点

パソコンとスマートフォン

アプリによる機能拡張が可能

非常に高機能な携帯情報処理端末である「スマートフォン」は、パソコンと同様にアプリケーションをインストールすることによって、機能拡張をすることが可能となります。
有償・無償問わずさまざまなアプリケーションのダウンロードが可能で、アプリの追加をおこなうことによって、メーカーからの出荷時に使用できる機能以外にも、新たな機能を気軽に加えていくことができるのです。

WEBサイトの閲覧が可能

日本市場において幅広く普及していたフィーチャーフォン(ガラケー)では出来る機種が少なく、制約も多かった「パソコン向けサイトの閲覧」をより簡単におこなうことができるようになりました。

  • ・起動までに時間がかかってしまうPCと比較し、より気軽にインターネット閲覧ができるようになったこと
  • ・携帯キャリア各社が、パケット通信の定額制料金を導入していること

上記のような理由もあり、スマートフォンユーザーはフィーチャーフォンユーザーと比較しても外出先でのWEB閲覧の機会が増加しているとも言われています。


画面サイズにおける違い

PCのモニターは横幅1,800ピクセルであるのに対し、標準的なスマートフォンのサイズは320ピクセルほど。およそ4倍ほどの差が生まれます。画面サイズが狭まってしまうと、1ページに表示させることが可能な情報の量も必然的に減ってしまうのです。

パソコンのモニタサイズに向けて制作されたサイトは、スマートフォンからの閲覧では、横幅が自動的に縮小されることによって非常に見づらい状態になってしまいます。スクリーンに指で触れることで拡大することも可能ですが、閲覧環境としては、決してスムーズなものではありません。


回線速度を考慮する

スマートフォンユーザー

スマートフォン向けの通信回線も高速化が進んでいます。しかし、古い機種を利用してサイト閲覧をおこなおうとするユーザーや、過剰にパケット通信を利用したことによって通信速度を制限されているユーザー、大手通信キャリア以外が提供している低速回線スマートフォンのユーザーなど、光回線の普及が進んでいるパソコン向けのサイトと比較して、ユーザーの通信速度により配慮する必要があります。

  • ・サイズの大きな画像の多用はなるべく避ける
  • ・画像を使用する場合には適度に圧縮したものを使う

といったことを念頭に、データ量を抑える努力をしながら、サイト制作することが必要です。

タップ操作を考慮したインターフェース

パソコンをマウスで操作するのと、スマホをタップで操作することには大きな差があります。
マウスカーソルであれば難なく選択できるようなリンクテキストであっても、タップ操作となるとそのハードルはグンと上がるもの。ユーザーにとって使いやすいと感じることができるサイトであることが、どんなサイトにとっても重要なポイントとなります。

お問合せ・お見積りはこちら!

お問合せ・お見積り